クレカ現金化と学生ローン|メリット・デメリットとは?

学生ローンとショッピング枠現金化、どちらがお得かを比較検証しました。

学生ローンは貸金業者の届出もしていて安全性は高くコストも安いですが、契約時の手間や親にバレるリスク、入金時間のデメリットがあります。

学生ローン

教室の机と黒板

ショッピング枠現金化は学生の利用者が多いです。
学生は消費者金融などフリーキャッシングの審査に通りにくいため、現金化を利用する需要が高いです。大手消費者金融や銀行系カードローンでは収入の有無を問わず学生の利用を禁止しているケースもあります。
学生の資金調達方法では学生ローンもあります。

店舗型はマンモス大学の近くにしかありませんが、一部の業者では来店不要で全国対応しているケースもあります。
クレカ現金化との比較も含めて学生ローンの特徴とメリット・デメリットをまとめました。

学生ローンは安全

学生ローンは個人経営の小規模業者中心ですが、貸金業の届出をしている正規業者なので安全性は高いです。
金利は利息制限法の上限(100万円以下で18%)以下になっています。
クレジットカード現金化は利用した瞬間に優良業者でも10%前後の手数料を取られます。コストで見れば学生ローンを利用するべきです。

学生ローンの注意点

学生ローンは20歳未満の未成年者は利用できない所も多く、利用できても親権者の同意を求められます。
また、来店不要業者の場合は契約書類のやり取りなど手間と時間もかかります。
ショッピング枠現金化なら、電話して10分~20分程度で入金されるのでスピードと利便性に優れています。

学生ローン一番の問題点は業者の数が少ないことで、来店不要業者でも大手消費者金融や現金化業者に比べて利便性は劣ります。
また、クレジットカード発行に比べると審査は厳しく少額融資にしか対応してもらえないケースも多いです。契約書などを通じて親にバレてしまうことを懸念して学生ローンの利用を嫌がる人もたくさんいます。

学生ローンの前にキャッシング機能で対応できないか確認する

クレジットカードを持っている人なら、学生ローンに相談する前にカードのキャッシング枠で対処できないか確認しましょう。
学生でも発行できるクレジットカードの大半はキャッシング金利18%になっています。
学生ローンに比べて金利は高くなる傾向ですが、手間やスピードを考慮すれば利用する価値は高いです。
カードキャッシングの対応をできない場合に学生ローンか現金化、親に借りるなど他の資金調達方法を検討しましょう。

追加利用できない

学生は収入を増やすにも学業のある都合で限界があります。
学生生活の中で繰り返しお金の必要になることはよくありますが、学生ローンは借入残高があると追加融資の審査は厳しくなり、再契約時にも手間を要します。
現金化であれば、ショッピング枠の範囲内で何度も繰り返し利用できますし、リボ払いを活用すれば月々の返済負担を少なくできます。
可能であれば現金化よりも学生ローンの方がお得でオススメの資金調達方法です。しかし学生ならではの事情で高いコストを払ってでも現金化を利用するメリットもあります。

トクする
現金化業者を選ぶ
詳しく知ろう
ショッピング枠の現金化
ショッピング枠現金化にまつわる裏話

学生ローンは貸金業者の届出もしていて安全性は高くコストも安いですが、契約時の手間や親にバレるリスク、入金時間のデメリットがあります。

Copyright © 2016 ショッピング枠現金化厳選30社比較 - All Rights Reserved -