スキミング-被害にあったらカード会社にすぐ連絡を!

スキミング被害は組織ぐるみで行われており、万が一に備えて警戒することが必要です。

スキミング被害はクレジットカードの情報を盗み取って悪用する犯罪のことです。カードを使う時は変な機械が付いていないかを確認し、暗証番号は手で隠して入力するようにしましょう。万が一、スキミング被害にあってしまったらすぐにカード会社へ連絡してください。

スキミング被害

スキミング被害が起こりやすいATM

クレジットカードの情報を不正に読み取りそれを悪用する犯罪、それがスキミング被害です。
公共機関の支払いやネットショッピングなど、クレジットカードが当たり前のように利用される現代の天敵です。
スキミング被害は組織ぐるみで行われており、暴力団や犯罪グループが関与しています。

大切なお金を奪われないようにスキミング被害の実情を知り、万が一に備えて警戒しておくのが大事です。
スキミングの方法を知って居れば直前で気付けることもあるでしょう。
防犯の意味も込めてスキミングの被害の実態に迫りたいと思います。

カードを使う時は常に警戒する

スキミング被害を受ける場合、ほとんどはクレジットカードを使用した時に情報を盗まれます。
多いのはコンビニのATMや銀行の窓口などです。
ATMでお金を降ろしたことがある人は知っていると思いますが、クレジットカードを挿入すると変な機械が付いていないか確認されます。
クレジットカードの挿入口にスキミング装置を取り付け、情報を盗もうとするのを防ぐ効果を狙っているのです。

それから、暗証番号の入力を手で隠しながら行うのも地味に有効です。
スキミングで奪える情報はカード情報だけなのです。
暗証番号が無ければ買い物が行えないので、スキミングを行う犯罪者は隠しカメラ等で番号も盗み取ります。
なので、暗証番号の入力時に手で隠すだけでも高い防犯効果が得られるのです。

ICカードや生体認証機能を使って防犯

スキミング被害を防ごうと考えても、個人で行えることには限界があります。
そこで有効なのがクレジットカードをICカードに変更することです。
ICカードはチップ内にデータが保存され、かつ暗号化されているのでスキミング被害に合いづらいのです。

また、クレジットカードの他に指紋認証などの生体認証を使用したクレジットカードも登場しています。
第三者に指紋を奪われる可能性はほぼ無いと考えて良いので、非常に高い防犯効果を得られるでしょう。

スキミング被害に合ったらカード会社へ連絡

毎月、クレジットカードの会社から利用明細が送られて来ます。
翌月に支払う金額が書かれていますが、もし身に覚えのない買い物があったらすぐにカード会社へ連絡しましょう。

カード会社はいつどこで使用されたのかを調べられるので、利用者の特徴とは異なる動きをしていた場合は見破れるのです。
警察へ被害届を出すなどの事務処理は必要ですが、スキミング被害の金額をカード会社が賠償してくれるケースもあります。 新しい被害を防ぐためにも怪しい支払いがあったらすぐにカード会社へ相談しましょう。

トクする
現金化業者を選ぶ
詳しく知ろう
ショッピング枠の現金化
ショッピング枠現金化にまつわる裏話

スキミング被害はクレジットカードの情報を盗み取って悪用する犯罪のことです。カードを使う時は変な機械が付いていないかを確認し、暗証番号は手で隠して入力するようにしましょう。万が一、スキミング被害にあってしまったらすぐにカード会社へ連絡してください。

Copyright © 2016 ショッピング枠現金化厳選30社比較 - All Rights Reserved -