サインレスの今後の課題とは?クレジットカードを安全に使うための対策

サインレスでクレジットカードの利便性が高まりましたが、対策すべき課題は残されたままです。

サインレス決済の導入でさらにクレジットカードが便利に使えるようになりましたが、「なりすまし」などの問題もあり対策が求められています。対応しているお店も限られており、本格的に普及するためには様々な課題をクリアする必要があるでしょう。

サインレスとその課題

サインレスでクレジットカード決済をしたレシート

クレジットカードを利用すると、伝票やジャーナルにサインをするのが普通ですね。
ですが、最近では、サインを求められることなく、カードの提示だけで決済できるサインレスが増えています。
サインレスなら、とても簡潔にスピーディに会計を済ますことができるので、とても便利です。
しかし、カードの不正利用が増加している現在、サインレスは果たして安全なのでしょうか?

今回は、サインレスの課題について検証してみます。

ショッピング枠現金化は誰でも利用できる?

サインレスによる決済は、カード加盟店とカード会社との契約によって導入が決まります。
したがって、他のお店で使えた同じクレジットカードであっても、その店舗が決済可能な契約をしていなければ利用できません。

サインレス決済が導入されている店舗は、コンビニやスーパーがほとんどと言われており、レジ精算時の混雑を回避する目的で採用されているのです。

なお、スーパーやコンビニでは、サインレス決済の場合は一括払いとなっています。
リボや分割払いの場合は、暗唱番号の入力かジャーナルにサインを求められることになります。
店舗によっては利用金額の上限が決まっているケースがあり、その上限を超える場合にはサインが必要になる場合があります。

また、最近レストランなどで普及が進んでいる決済方法に「事前予約サービス」があります。
これは、事前に店舗の利用を予約した際にクレジットカードで支払いを完了させてしまうもので、当日の精算はサインが不要になるため特に海外からの観光客に喜ばれているサービスです。

サインレスの課題とは?

このように便利にカードが利用できるサインレス決済ですが、その課題とは何でしょうか?
そもそもの導入目的は、レジ精算をスムーズにして混雑を解消するためのものですので、手間と時間のかかる本人確認を行わないことが前提と言えます。
このため、本人確認の手続きが不要となりますので、他人のカードを使った”なりすまし”もできてしまうことになり、大きな課題として指摘されています。

サインレスの課題への対策

サインレスの課題である”なりすまし”を予防するための対策とは何でしょうか。

まずは、クレジットカードを紛失しないということに尽きます。
また、普段使わないからとして、家に置きっぱなしにしているカードを家族が知らない間に使っていることもあります。

もし、おぼえのない請求があったり、クレジットカードを紛失してしまった際は、躊躇なくカード会社に連絡しましょう。そして不正利用の事実があればそれを伝え、付帯されている補償制度を確認してその利用を申請しましょう。

簡単でスピーディな決済ができるサインレス決済ですが、その便利さ故に、”なりすまし詐欺”の温床にもなりやすいのです。
ついては、自分の身は自分で守るという基本にしたがい、クレジットカードを日頃からしっかりと管理し、その所在を常にはっきりとさせるよう心掛けましょう。

トクする
現金化業者を選ぶ
詳しく知ろう
ショッピング枠の現金化
ショッピング枠現金化にまつわる裏話

サインレス決済の導入でさらにクレジットカードが便利に使えるようになりましたが、「なりすまし」などの問題もあり対策が求められています。対応しているお店も限られており、本格的に普及するためには様々な課題をクリアする必要があるでしょう。

Copyright © 2016 ショッピング枠現金化厳選30社比較 - All Rights Reserved -