クレジットカード|フィッシング詐欺・盗難の犯罪防止策

クレジットカードは犯罪防止策を知らないと痛い損害を受ける場合があります。

クレジットカードに対する犯罪防止策は様々なものがありますが、一番大事なことはクレカの利用明細をチェックすることです。犯罪が起きた際に気づかなければ被害は拡大してしまう恐れがあります。

クレカ犯罪防止策

クレジットカードの犯罪防止のイメージ画像

大切なお金が詰まっているクレジットカードは、しばしば犯罪者のターゲットにされてしまいます。
クレジットカードは便利で役立つものですが、犯罪防止策を考えておかないと手痛いダメージを受けかねません。

あなたはクレジットカードの防犯対策として何かを行っているでしょうか?
おそらく大半の人が何もしていないと答えるはずです。
自分は大丈夫という根拠の無い自信が、万が一の被害を発生させてしまうのです。
簡単に出来る防犯対策があるので、出来る限り早く実行するのをおすすめします。

物理的な盗難を防ぐ

ひったくりや車上荒らし、電車内でのスリなど物理的な盗難を防ぐことから始めましょう。
クレジットカードを盗まれてしまうと別の場所でスキミングなどを行って情報を奪われてしまいます。
鞄の奥底に入れるようにしたり、常に肌身離さす持ち歩いたりするなどして盗難被害を防いでみてください。

▼ あなたに読んでほしい記事
スキミング被害とは?

また、クレジットカードの暗証番号に誕生日などを使うのは避けましょう。
クレジットカードの情報をスキミングした後、免許書や保険書から誕生日を見て悪用されるケースは多いです。
分かりやすいパスワードを避けるのもクレジットカードの被害を防ぐ大事な要素です。

ちなみに、年配の方に多いのがクレジットカードの番号を財布や手帳にメモしておくケースです。
犯罪者がそれを見たら確実に悪用されてしまいますので、なるべく暗記するように心掛けましょう。

フィッシング詐欺に要注意

迷惑メールやネット広告などを見ていると、1億円が当選しました、というような怪しい誘いがあります。
こうしたものを信じてクリックしてしまうと、お金を振り込むためにクレジットカードの情報入力を求められます。

ここまで分かりやすい場合は被害を避けられるかもしれませんが、実際はもっと巧妙な手口も存在しています。
中にはAmazonや楽天市場と同じ画面を用意して、クレジットカードのデータを再入力しろと促して来ます。これはフィッシング詐欺と呼ばれるもので、利用者に情報を入力させて送信させることで盗み取るものです。

奇妙なタイミングで情報入力を促されたら怪しむようにしましょう。
変な広告や甘い誘いには乗らないように警戒する気持ちを持っておくのも大切です。

利用明細をこまめにチェック

クレジットカードの情報が盗まれたかどうかは、はっきり言って確かめようがありません。
そこでやっておきたいのがクレジットカードの利用明細のチェックです。
オンラインのネットバンキングに申し込みを行えば、スマホでいつでも利用明細を確認出来ます。

クレジットカードの情報が盗まれると、すぐに悪用されて身に覚えのない買い物が行われます。
大抵の場合は宝石やブランド物などで、これらは別のショップで換金されてしまいます。
常に利用明細をチェックしていれば被害にすぐ気付けるでしょう。
防犯対策を完璧にしたいなら利用明細のチェックを欠かさないようにしてみてください。

トクする
現金化業者を選ぶ
詳しく知ろう
ショッピング枠の現金化
ショッピング枠現金化にまつわる裏話

クレジットカードに対する犯罪防止策は様々なものがありますが、一番大事なことはクレカの利用明細をチェックすることです。犯罪が起きた際に気づかなければ被害は拡大してしまう恐れがあります。

Copyright © 2016 ショッピング枠現金化厳選30社比較 - All Rights Reserved -