【ショッピング枠】複数カードがあればより高く現金化ができる?

ショッピング枠を使うといくらまで現金化することが可能かまとめました。

現金化はショッピング枠の範囲内ならいくらでも可能で複数枚のカードを併用できます。キャッシングを使っている場合はショッピング枠と合算される内枠扱いの場合もあるので、勘違いして限度額一杯まで使わないように気をつけましょう。

いくらまで現金化は可能か

お金を管理する男性たち

現金化はショッピング枠を使うので、持っているカードの限度額や利用状況(残高)によって可能金額は変わってきます。
クレジットカードはショッピング枠のほか、キャッシング枠もあります。
キャッシング枠を使ってからショッピング枠を使う人も多いことから、利用可能金額を勘違いしてトラブルに発展する人も多いです。
限度額の上限と残高を確認するほか、キャッシング枠の内枠・外枠のどちらになっているかも確認しましょう。

クレジットカードキャッシング枠の多くは内枠

キャッシング枠の内枠はショッピング枠に合算されることです。
たとえばショッピング枠100万円、キャッシング枠30万円(内)と明記されているカードの場合、ショッピングとキャッシングの合算で100万円を上限。
キャッシング単体では30万円まで利用できる条件になっています。
外枠であれば、ショッピング枠100万円とは別にキャッシング枠30万円を利用できるので、合計すると130万円になっています。

ハイスペックカードの一部では外枠になっているケースもありますが、年会費の安い一般的なカードは内枠になっています。
仕組みを外枠と勘違いして、結果的に限度額を圧迫してトラブルになる事例は多数あります。
特に公共料金やスマホ・ネットなどの月々の支払いをカード払いにしている人は注意しましょう。
現金化を理由に限度額を使い切ると、支払い不能になって遅延して最終的には電気や携帯を止められてしまいます。

キャッシング枠の利用状況と内枠か外枠の契約条件も確認して、いくらまで利用できるのか確認してから現金化しましょう。
決して限度額一杯に使わず、ある程度の余力は残しておきましょう。
限度額の確認方法はWebマイページや明細書の確認とカード会社に問い合わせる方法がります。

複数枚のカードでも利用可能

クレジットカードは複数枚保有している人も多く、キャンペーンや申込特典で作って放置されている方もいます。
年会費を払っていないなどカードを使えない状態だと意味はありませんが、ショッピング決済で使えるカードなら何枚でも現金化可能です。
実際に高額利用している人は複数枚のカードを活用して資金調達しています。

クレジットカードの申込審査はゆるくて年収や借入に問題のある場合でも、キャッシング機能をつけないことを条件に発行を許可するケースは多数あります。
複数枚のカードを使えば、通常の融資など借入では絶対に審査の通らない大金を資金調達できる場合もあります。

トクする
現金化業者を選ぶ
詳しく知ろう
ショッピング枠の現金化
ショッピング枠現金化にまつわる裏話

現金化はショッピング枠の範囲内ならいくらでも可能で複数枚のカードを併用できます。キャッシングを使っている場合はショッピング枠と合算される内枠扱いの場合もあるので、勘違いして限度額一杯まで使わないように気をつけましょう。

Copyright © 2016 ショッピング枠現金化厳選30社比較 - All Rights Reserved -