換金率は低め?海外のクレジットカード現金化事情

海外のクレジットカード現金化の現状や換金率についてまとめました。

海外でも現金化サービスは多数存在します。日本に比べて換金率は低めです。海外から日本の現金化業者を使う場合は電話の用意や時差を含めた時間帯の把握、海外ATMを利用できるキャッシュカードの用意をしておきましょう。

海外の現金化

散らばる日本と海外の国旗

クレジットカード現金化は日本だけのサービスではありません。
クレジットカードの普及が進んでいる先進国を中心に多くの国で現金化ビジネスは存在します。
日本は安全な国で現金を持ち歩くことへの抵抗を持っていない人も少ないですが、海外ではキャッシュレス化が進んでいて日本よりもクレジットカード普及率の高い国もたくさんあります。
その中でも経済大国のアメリカではクレジットカード現金化は合法扱いをしています。
国によって対応は様々で隣国の韓国はカード会社の規則ではなく国の法律で現金化を禁止にして厳しい対応を取っています。
それでも一部の闇業者で現金化を行っているのが現状です。

海外の換金率は低い

国や業者によって異なりますが、海外の現金化は70~80%ほどの換金率が相場です。なかには平均換金率で見て60%台のケースもあります。
日本は世界的に見ても金利は低いことも高還元率に繋がっていると言われています。
日本はネットバンクの普及も進んでいて来店不要業者も多いことから、条件の良い所なら少額利用でも実質換金率で85%以上の業者も存在しています。

海外で日本の現金化業者は利用できる?

海外旅行などで海外から現金化を利用する方もいます。ただし、国内から利用するよりも注意点は多いです。
来店不要業者の場合、初めての利用は電話によるやり取りが必要です。
海外でも国際電話に対応することが最初の関門です。
業者側からの発信を通話料の問題で対応してくれないケースも多く、LINEなどデータ通信を使ったツールの普及で音声通話のない海外SIMやWi-fiルータで対応する人も増えています。

2回目以降の利用であればメールのやり取りのみで対応してもらえるケースもあります。
多くの現金化業者は受付は24時間でも深夜早朝の対応はしていないケースもあります。時差を含めて利用できる時間帯を確認しておきましょう。
もう一つのポイントはATMによる現金の引き出しです。土日も含めて即時送金できることで人気のゆうちょ銀行の場合はJP BANKカードを持っていないと海外のATMを利用できません。
現金化を前提に海外旅行に行くなら、口座残高さえあれば利用できるデビッドカード(VISAデビッドなど)を用意しておくと便利です。

どちらにしても、海外旅行で現金化することはできますが日本にいるうちから最低限のリサーチと対策を取っておく必要があります。
日本では簡単に利用できる現金化も海外からだと事情の変わることを覚えておきましょう。

トクする
現金化業者を選ぶ
詳しく知ろう
ショッピング枠の現金化
ショッピング枠現金化にまつわる裏話

海外でも現金化サービスは多数存在します。日本に比べて換金率は低めです。海外から日本の現金化業者を使う場合は電話の用意や時差を含めた時間帯の把握、海外ATMを利用できるキャッシュカードの用意をしておきましょう。

Copyright © 2016 ショッピング枠現金化厳選30社比較 - All Rights Reserved -