ショッピング枠現金化がより便利に?モアタイムの開始と業界全体の動向

モアタイムが導入されたことによりショッピング枠現金化の業界にも動きがあるようです。

モアタイムシステムが始ったことによりショッピング枠現金化のサービスにも変化があると言われ、業界の動向が注目されています。これまで休日営業を行っていた業者も多くありましたが、さらに利便性が増し価格競走も活発になることが期待できるでしょう。

モアタイムと業界の動向

モアタイムを表す時計

2018年秋、一般社団法人全国銀行資金決済ネットワーク(全銀ネット)が、24時間365日即時振り込みを可能にしたシステム「モアタイムシステム」を導入しました。
これによって、ショッピング枠現金化にはどのような影響が考えられるのでしょうか。

モアタイムシステムに対する業者の動向を検証してみましょう。

モアタイムシステムとは?

モアタイムとは、全銀ネットの稼働時間帯以外の振込を可能にしたシステムで、この導入によりこれまで銀行が対応していなかった平日15時30分から翌日8時30分までの時間帯や、土日・祝日であっても即時振込が可能となりました。

すなわち全銀ネットに加盟している金融機関の間であれば、実質的にいつでも24時間、銀行への振込ができるようになったのです。
ちなみに、このサービスは全銀ネットとは別の金融システムとなります。

ショッピング枠現金化業者・利用者への影響は?

昨今の利用者増加によりサービス競走も加熱しているショッピング枠現金化業界ですが、最近では平日のみに限らず土日・祝日も営業を行っている業者が増えています。

こうした背景からも、このたびの全銀ネットにおけるモアタイムシステムの導入は、ショッピング枠現金化にとっても大きなメリットがあると言えます。

これまでは、休日も営業していたとしても、換金した現金が実際に振り込まれるのは平日の翌営業日8時30分以降となっていました。
しかし、モアタイムシステムの導入によって、24時間365日いつでも必要な時に、クレジットカードの現金枠を使った資金調達が可能となったのです。

急な現金需要に困る利用者のニーズに応えることが可能になり、今まで以上にビジネスチャンスが拡がることが期待されています。
さらに、24時間営業を売りにして高い手数料を徴収するような悪質業者も活動の場を失っていくことになるでしょう。

業界の活性化と浄化への期待

モアタイムシステム導入により、夜間休日での即時現金化も可能な環境となりました。ショッピング枠現金化業者のサービス競争がますます盛んになることで、換金率にも影響があるでしょうし、利用者にとっては良い意味で選択の幅が広がってきます。
当然のことながら、業者は健全な経営に取り組み、利用者の信頼を勝ち得ないと淘汰されていくことになります。

このように、モアタイムシステムの導入はショッピング枠現金化業界の活性化が図られ、さらに便利で安全な取引が期待できるようになるでしょう。

トクする
現金化業者を選ぶ
詳しく知ろう
ショッピング枠の現金化
ショッピング枠現金化にまつわる裏話

モアタイムシステムが始ったことによりショッピング枠現金化のサービスにも変化があると言われ、業界の動向が注目されています。これまで休日営業を行っていた業者も多くありましたが、さらに利便性が増し価格競走も活発になることが期待できるでしょう。

Copyright © 2016 ショッピング枠現金化厳選30社比較 - All Rights Reserved -