キャリア決済現金化とショッピング枠現金化を徹底比較

ショッピング枠現金化に比べてキャリア決済現金化は換金率が低いです。

モバイル決済を使った現金化は、主にキャリア決済現金化になります。12歳以上の未成年者でも利用できて、クレジットカードを持っていない人や限度額の足りない人が活用しています。ショッピング枠現金化に比べると、換金率が低いのでオススメ度は低いです。

モバイル決済

スマホで出来るキャッシュレス決済

モバイル決済は携帯やスマホを活用した決済サービスです。
おサイフケータイ機能をはじめ、昨今はスマホにバーコードを表示させて支払いするpaypay(ペイペイ)など幅広いものがあります。
支払い方法は、キャリア決済、カード精算、その他の電子マネー連動などがあります。
現金化目的で利用する場合は、主にキャリア決済の活用になります。

キャリア決済とは

ドコモ、au、ソフトバンク(ワイモバイル含む)の3大キャリアでは、月々の携帯電話(通信)料金の支払いと一緒にできるキャリア決済サービスを用意しています。
当初は、自社で提供する課金制コンテンツの決済のみで行っていたものですが、スマホの普及でアプリ内課金やiTunesストア、GooglePlayストアの決済にも対応し、現在は提携している通販ショップや店舗でも利用できるように進化しました。
さらにプリペイドカードを発行すれば、キャリア決済でチャージして、クレジットカード決済できる店舗で幅広く利用できます。

仕組みはクレジットカードと同じ、後払い式決済に似ていて、カード会社が行っていた代金立替業務を携帯会社が行います。
ただし、クレジットカードのショッピング枠よりも限度額が低く設定されていて、分割払いに対応できないデメリットがあります。
通販ショップを利用した決済ではポイントも貯まらないことが多いです。

キャリア決済のメリットは、限度額が数千円から2万円程度に制限されるものの12歳以上の未成年者でも利用できて、大手キャリアの携帯・スマホを持っていれば手続き不要で利用できることです。
主にクレジットカードを持っていない未成年者や学生と、クレジットカードの限度額では対応できない人が活用しています。

キャリア決済現金化は条件が悪い

キャリア決済現金化の仕組みはショッピング枠現金化と同じです。
通販サイトで業者の指定した商品を購入し、商品に対して買取やキャッシュバックで現金に変えます。
キャリア決済はクレジットカードに比べて決済手数料と加盟店になる導入コストが高く、商品を販売する現金化業者は決済手数料を取られます。
さらに限度額は最高で10万円程度に制限されているため、少額利用者しかいない影響でより条件は悪くなります。

10万円の現金化をした場合、ショッピング枠現金化の実質換金率は優良業者で80~85%ほどに対して、優良業者でも70%前後になります。
ショッピング枠現金化を利用できる環境があれば、キャリア決済現金化を活用する価値は少ないです。

取り締まりが強化されたモバイル決済の現金化

スマホの普及によってアプリや決済機能など多様なサービスが普及しました。 モバイル決済は、商品購入による現金化のほかに、以下の方法で現金化できます。

  • 〇〇Payの送金機能を応用
  • メルカリでの現金出品
  • Amazonギフト券など換金性の高い商品を買う

現在はメルカリでは現金出品禁止、送金できるサービスはカードチャージが禁止(主に銀行振込)、モバイル決済ではAmazonギフト券を購入できないなど、様々な形で規制強化されています。
可能性はゼロではなく、続々と新しいサービスが導入していますが、カード会社の取り締まりや、モバイルサービス提供会社のコンプライアンス遵守が強まっていて、現金化できる方法が限られてきています。

2018年後半にはpaypay(ペイペイ)が20%還元の大胆なキャンペーンを打ち出して、現金化で活用する人が増加しています。
しかし、キャンペーンの終了や規制強化によって今後も安定して利用できる見込みは低いです。

トクする
現金化業者を選ぶ
詳しく知ろう
ショッピング枠の現金化
ショッピング枠現金化にまつわる裏話

モバイル決済を使った現金化は、主にキャリア決済現金化になります。12歳以上の未成年者でも利用できて、クレジットカードを持っていない人や限度額の足りない人が活用しています。ショッピング枠現金化に比べると、換金率が低いのでオススメ度は低いです。

Copyright © 2016 ショッピング枠現金化厳選30社比較 - All Rights Reserved -