有効期限に注意!マイルの詳細とデメリット

マイルとは航空会社独自のポイント制度で航空券と交換することができます。

マイルは航空券に交換できるポイント制度で当初は飛行機に乗った距離に応じて貯まる仕組みでしたが、最近はクレジットカードの利用でも貯められるようになりました。

マイルとは?

空を飛ぶ飛行機

マイルとはマイレージサービスの略でもともとは航空会社独自のポイント制度として登場しました。
最近ではクレジットカードのショッピングでマイルの貯まるカードも増えていて、ポイントとの違いが曖昧になってきています。
本来のマイルは飛行機で移動した距離に応じて貯まる仕組みです。
カードのポイントとは利用金額に応じて貯まる点と活用方法に違いがあります。

基本的にマイルは航空券の支払いに活用する限定ポイントで、用途を限定することでポイントよりも還元率の高いカードも多数あります。
ポイントはカード会社の用意した商品など複数の交換プランを用意していて、人気なのは商品券やAmazonギフト券など現金に近い特性のものです。
現金化でもポイントやマイルは貯められます。中にはカード決済をうまく活用して航空券代を無料にして旅行を楽しむ方もいます。

マイルなら5%以上の還元率も可能

マイルは交換する航空券の内容によって還元率が変わります。
遠距離の飛行やビジネスクラスの利用になるとマイルの還元率は高くなり、好条件だと1マイル5円以上の換算で交換できる場合もあります。
旅行好きや故郷に飛行機を使って帰る人はポイントよりもマイルを貯めた方がお得です。

うまく使えば現金化の手数料負担を軽減できる

現金化は利用金額によっては最大で実質換金率93%以上も可能です。そこに5%以上のマイル還元(円換算時)で活用できれば実質の現金化手数料は2~3%程度に抑えられるケースもあります。
ポイントを貯められるのも現金化のメリットですが、ポイント還元率は高くても1.0~1.5%程度です。
状況次第では消費者金融から借入して利息を払うよりも現金化を活用した方がお得にできるケースもあります。
現金化は使うカードやポイント・マイルの活用方法次第でお得度は大きく変わってきます。

マイルのデメリット

マイルは有効期限が短いです。期限内に航空チケットを取れなくて失効させる事例も多数あります。
またカードによってはマイル交換にあたって航空会社に手数料を払って交換しないといけません。
ある程度まとまったマイルであれば手数料は気になりませんが、少量のマイルを活用する場合は手数料の割合が増えて還元率の下がってしまうケースもあります。

また、最近はLCCの普及によってマイルなしでも安く飛行機に乗れるようになりました。
片道航空券を取りやすくなったので、時間に遅れると困る往路だけマイルを使って大手航空会社を使うなど、活用の幅は広がっています。

トクする
現金化業者を選ぶ
詳しく知ろう
ショッピング枠の現金化
ショッピング枠現金化にまつわる裏話

マイルは航空券に交換できるポイント制度で当初は飛行機に乗った距離に応じて貯まる仕組みでしたが、最近はクレジットカードの利用でも貯められるようになりました。

Copyright © 2016 ショッピング枠現金化厳選30社比較 - All Rights Reserved -