借金を一本化して金欠を解消!任意整理せずにできる多重債務対策

金欠を脱する有効策に借金の一本化があり、任意整理の手前の手段とも言えます。

借金の一本化をすれば資金繰りもしやすく計画的な返済が可能になるため、金欠の対策手段としてとても有効です。任意整理という方法もありますが、現状の収入をベースに考え生活水準を維持できるレベルであれば一本化を選択したほうが良いでしょう。

金欠対策①借金の一本化

借金一本化の看板

複数の金融機関から、自分の返済能力を超えてお金を借りてしまう多重債務。
毎日のように返済の催促・支払督促などを受け、生き地獄さながらの日々を過ごすことになるため、気の休まる時がありません。
このような状況から脱却するための手段として活用されているのが「借金の一本化」です。

こちらでは、借金の一本化の特徴と利用する際の注意点についてご紹介します。

借金の一本化とは?

借金の一本化とは、複数の金融機関からの借り入れを一つの会社にまとめることです。
金融機関に対する弁済期日は一律ではないので、複数の金融機関から借り入れている場合、ひと月のうちに何日も弁済期日があり、そのたびに金策に奔走することになります。
これが一本化されると弁済期日が一日になるので、資金繰りもしやすく計画的な返済が可能になるのです。

借金の一本化には「借り換え」「おまとめローン」などと言われる、借入先の金融機関を一つにまとめる方法がメジャーです。
この場合、低金利でまとまった金額を融資してくれる金融機関に借金をまとめることができれば、その後の支払金利も低くなり将来的に負担が減るメリットがあります。
ですが、実際に他の業者からの借入を完済するためには、将来発生する金利を現時点で全額支払うことが必要となりますので、借金の額が減ることはありません。
また、弁済期間を長期にすると月々の返済が楽になりますが、支払う利息の累積額が多くなることもあるので注意です。

借金の弁済を楽にする別の方法

借金の弁済を楽にする別の方法として、債務整理という方法があります。
債務整理には、任意整理・個人再生・自己破産の三種類がありますが、費用も時間もかからず、手続き後の規制などがかからない任意整理が最も適した方法と言えます。

任意整理は、借金そのものを減らすことができます。また、マイホームなどの財産も放棄する必要もありません。
手続きは自力で行うことも可能ですが、法的な手続きに明るく、債権者との交渉にも手馴れている弁護士や司法書士などの専門家の手を借りるのが良いでしょう。

ですが、デメリットもあります。
任意整理の場合、裁判所を通さず、金融機関等の債権者との話し合いによって借金を減額してもらったり、金利を減らしてもらったりすることになります。
このため金融機関からの信用状況は悪くなりますので、最低5年はローンが組めなくなり、クレジットカードも作れないというデメリットが発生します。

借金の一本化と任意整理のどちらを選ぶべきか?

なかなか自分の収入を増やすことはできません。
ですので、自分の現状の収入をベースにして考えなくてはなりません。

一般的に、年収の25%を超える借金があると危険と言われています。
それは、収入には所得税、社会保険料などで15%~20%が控除されるため、25%超の借金があると、生活の原資となるのは年収の50%ちょっととなり、かなり生活を切り詰める必要が生じるからです。

借金が年収の20%を超えている場合は、任意整理を選択するのが良いと言われています。
20%未満であれば、借金の一本化によって、生活水準を維持するのが良いでしょう。

トクする
現金化業者を選ぶ
詳しく知ろう
ショッピング枠の現金化
ショッピング枠現金化にまつわる裏話

借金の一本化をすれば資金繰りもしやすく計画的な返済が可能になるため、金欠の対策手段としてとても有効です。任意整理という方法もありますが、現状の収入をベースに考え生活水準を維持できるレベルであれば一本化を選択したほうが良いでしょう。

Copyright © 2016 ショッピング枠現金化厳選30社比較 - All Rights Reserved -