多重債務とは?クレジットカードが原因で負のループに陥ってしまうケース

多重債務になりキャッシングで返済を繰り返す負のループに陥るケースが増加しています。

クレジットカードで気軽にキャッシングしたことがきっかけで多重債務になり、借金が終わらない負のループに陥ってしまう例が増加しています。自分の返済能力を考えずにお金を借りてしまったことが大きな原因ですが、債務整理すれば解決の道筋は見えてきます。

多重債務と負のループ

迫りくる請求の看板

複数の金融機関から、自分の返済能力を超えた額のお金を借りている状態を「多重債務」と言います。
多重債務になるのは、酒や賭け事が大好きな人、衝動買いが止まない人などと思われがちですが、最近では、ごく普通に生活をしている人が多重債務者になってしまうケースが増加しているそうです。

今回は多重債務とその悪循環(負のループ)についてご紹介していきましょう。

多重債務の悪循環(負のループ)とは

深刻な状況にも陥りかねない多重債務ですが、その多くはキャッシングなどのちょっとしたきっかけから始まります。
例えば、冠婚葬祭や病気などで急な出費が必要になり、預貯金では足りずにキャッシングをしてしまうというようなケースです。その翌月から借入金の返済をしていくことになりますが、この毎月の支出が大きな負担となり生活資金の不足につながっていきます。
そして、このマイナス分をカバーするために、別のクレジットカードでさらにキャッシングをしてしまうのです。

ただでさえ元々の借入の返済だけでも苦しい状況だったのに、ここに新たな弁済が追加されたのでは首がまわらない状況になるのも当然です。
やがて、月々の弁済額のうち、元本どころか利息の支払いのためにキャッシングをして返済していく状態になってしまうのです。
これが多重債務の悪循環、「負のループ」と言われる現象です。

多重債務の原因

街を歩くと、そこいら中にクレジットカードが使える自動預け払い機が設置されており、簡単にキャッシングができるようになりました。
あたかも、キャッシュカードで自分の銀行口座から預金を引き出すように、気軽に利用してしまう人が多くなっています。
このため、かつては、「飲む・打つ・買う」といった放蕩三昧の人が陥るものと思われていた多重債務ですが、一般の善良な人が陥ることが増えています。

その背景には、長引くデフレ経済の影響による低収入や減収の影響があります。
生活資金のちょっとした不足を埋めるために手を出したキャッシングが、いつの間にか膨れ上がり、負のループとなって、借金地獄から抜けられなくなっているケースが増加しているのです。

多重債務から逃れるためには?

真面目なタイプの人が多重債務に陥る理由のひとつに、「借金を内緒にしてしまう」という性格的なことが考えられます。

そのため、借金そのものの露見を恐れ、一人で苦しみ、精神的にも肉体的にも疲弊し病気や鬱病になってはじめて周囲が借金の事実に気が付くことも多いそうです。

このように、真面目な人ほど「隠れ借金」に走り、多重債務の負のループに陥ってしまうのです。

まずは、勇気をもって「隠れ借金」を信頼できる人に打ち明け、相談していくことが解決の第一歩と言えます。そして、生活資金の不足が原因であれば、生活習慣を見直し、節約できることはないか入念にチェックしましょう。
また、家具などの資産を現金化することも有効な手段と言えます。
さらに、根本的に収入を増やす方法も検討することを忘れてはなりません。

これらのことを信頼できる家族や親族、友人の助けを得ながら進めていきましょう。それでも解決の道筋が見えなければ、勇気をもって弁護士や税理士などに相談し、多重債務そのものの整理を行いことがベストです。
一日も早く負のループから脱却して、その先にある幸せを掴みましょう!

トクする
現金化業者を選ぶ
詳しく知ろう
ショッピング枠の現金化
ショッピング枠現金化にまつわる裏話

クレジットカードで気軽にキャッシングしたことがきっかけで多重債務になり、借金が終わらない負のループに陥ってしまう例が増加しています。自分の返済能力を考えずにお金を借りてしまったことが大きな原因ですが、債務整理すれば解決の道筋は見えてきます。

Copyright © 2016 ショッピング枠現金化厳選30社比較 - All Rights Reserved -