クレジットカードの歴史

パソコンで買い物をするイメージ画像

クレジットカードの歴史は古く、誕生は1950年のアメリカです。
きっかけは誰にでも起こり得る些細な日常のトラブルでした。
とある実業家が飲食店で食事を済ませた後、財布を忘れていたことに気付きます。
家族に財布を届けてもらって事無きを得たのですが、この時実業家の脳裏には壮大な事業が計画されていたのです。

現金が無くても支払いを行えるような仕組みを作れないか、という内容です。
これが実現すれば財布を忘れても支払いが行えるようになります。
これこそがクレジットカードの歴史の原点であり、始まりなのです。

クレジットカードの普及

当時のアメリカでクレジットカードは話題になり、金持ちの男性に好まれました。
いちいち買い物の度に現金を取り出すのが非常に面倒だったのです。
また、高額な買い物を行う際に大量の現金を持ち歩くため、犯罪に巻き込まれるリスクもありました。
そうした需要に見事マッチしたクレジットカードはどんどん普及して行きます。

そして、1958年にはアメリカン・エキスプレスがクレジットカードを発行したのです。
通称をアメックスと呼び、2017年の現在でも有名なクレジットカード会社の1つです。
驚異的な普及を始めたアメックスに危機感を覚えたのは大手の銀行です。
このままで顧客を取られてしまうと考えた銀行も、クレジットカード事業に次々と参入しました。
こうしてアメリカ経済と共にクレジットカードは発展を続けて来たのです。

日本に普及したのは1960年

クレジットカードが正式に日本に降り立ったのは1960年代です。
日本ダイナースクラブが設立され、これが日本発のクレジットカード会社となったのです。
この1960年には大きな意味があり、4年後に東京オリンピックを控えていたからとされています。
国際的にも普及を始めているクレジットカードを導入し、グローバルな対応を考えていたのです。

ちなみに、当時のクレジットカードは紙が主流で破損してしまうのが難点でした。
そんな中、日本はプラスチックのカードを提案しそれが一般的となったのです。
技術力の高さを証明して世界に負けない日本をアピール出来たのは間違いありません。

そして、その後は日本の各銀行がクレジットカードの発行を行い徐々に浸透して行ったのです。
今では多くのクレジットカードが存在しており、サービスの幅広さは簡単に把握出来ないほどです。
そうしたサービスが展開されているのも、元を辿れば1950年のアメリカが原点です。
クレジットカードの歴史に思いを馳せる瞬間があれば、お金について向き合うきっかけになるかもしれません。

トクする
現金化業者を選ぶ
 現金化業者一覧
詳しく知ろう
ショッピング枠の現金化
ショッピング枠現金化にまつわる裏話

Copyright © 2016 ショッピング枠現金化厳選30社比較 - All Rights Reserved -