商品券を購入してショッピング枠現金化する方法

専門業者を利用したショッピング枠現金化に比べてリスクが高いです。

商品券を使った現金化は換金性の高い特性から自力でのショッピング枠現金化で人気です。ただしカード決済できる商品が限られていて、カード会社からのペナルティを受けやすいデメリットがあります。お得に現金化するテクニックを理解して慎重に検討してください。

商品券の現金化

500円分の商品券

自力でショッピング枠現金化をする場合は、換金性の高い商品を買うのが基本です。
商品券は現金に近い特性を持っているのでチケットショップなどで高値で取引されています。
カード決済で商品券を買って、チケットショップなどで売却すれば好条件で現金化できますが、以下の問題があります。

  • カード決済で買える商品券が少ない
  • Webで商品券を買うと送料などの手数料を取られる(定価より高くなる)
  • 商品券を高額決済するとカード会社から目を付けられやすい

商品券を現金化目的でカード決済する需要があるのはカード会社も理解しています。
商品券を販売する業者は、カード決済手数料を取られると採算が合わなくなってしまうため、カード決済には対応していないことが多いです。
やり方次第では高換金率で現金化できますが、専門業者を利用したショッピング枠現金化に比べて、カード規約違反になるリスクが高いです。

リスクの高いユーザー

  • リボ払い残高が多い
  • 返済遅延の履歴がある
  • 新規カード発行して間もないユーザー
  • 限度額増額申請をして間もないユーザー

上記は商品券を大量購入するとカード会社から目を付けられやすいです。
状況によってはカード決済しようとした時点でストップがかかります。
決済する際に止めてくれればペナルティを受けないので大きな問題にはなりません。
カード決済で商品券を買って、売った後に調査が入ると規約違反のペナルティを受けるリスクがあります。

商品券で現金化するときは言い訳作りが大切です。
たとえば会社経営者が会社の忘年会の景品用や社員へのインセンティブ、顧客への来場者プレゼントで商品券をたくさん買ったり、結婚式をした際の景品や幹事、余興をした人のお礼などは自然な購入理由です。
ただし、ごく稀にチケットショップに売却したことを把握している中で調査されることもあります。
また、クレジットカードの規約違反を調査するスタッフは現金化を見極めるスペシャリストです。
法律で罰するのではなくカード会社の規約違反で独自に取り締まりを行っているので、決定的証拠がなくても現金化目的の利用が濃厚だと判断されただけでペナルティの対象になります。

一手間加えることでお得に現金化できる

カード決済できる商品券は限られていますが、一部で直接のカード決済では利用できないけど、電子マネー経由なら対応できる場合があります。
少額の現金化で人気のQUOカードの場合、nanacoにチャージしてセブンイレブンでnanaco払いでクオカードを買うことができます。
1万円分買うとボーナスポイントも付くのでお得です。

JCBギフト券はWebで買うと送料がかかり、大半の店舗は現金決済にしか対応していませんが、一部のお店でJCBカードに限定した店頭でのカード決済に対応しています。
公式ページから店舗検索と決済方法の確認ができるので、現金化目的の利用者から人気です。
商品券を使った現金化は商品選定や購入方法で一手間加えると条件が良くなります。
ただし、購入と売りに行く手間で交通費、送料もかかるので時間とリスクの高さを考えるとショッピング枠現金化に比べたメリットは少ないです。

商品券は大切に扱う

商品券の主な用途は贈答用です。
チケットショップで買う人も贈答用目的にしていることが多く、汚れや折れ目が入っていると買取条件が悪くなります。
また、期間限定で特別なイラストを印刷したタイプよりも万人受けするスタンダートなデザインの方が高値が付きやすいです。
商品券は使える金額が同じでも、状態によって買取率が変わってくることを覚えておきましょう。

トクする
現金化業者を選ぶ
詳しく知ろう
ショッピング枠の現金化
ショッピング枠現金化にまつわる裏話

商品券を使った現金化は換金性の高い特性から自力でのショッピング枠現金化で人気です。ただしカード決済できる商品が限られていて、カード会社からのペナルティを受けやすいデメリットがあります。お得に現金化するテクニックを理解して慎重に検討してください。

Copyright © 2016 ショッピング枠現金化厳選30社比較 - All Rights Reserved -