電子マネーを現金化する方法

電子マネーを現金に変える

前払いで現金を支払うプリペイド型の電子マネー。
コンビニでの購入、駅でのチャージなど支払い先は身近にあります。
しかし場合によっては、チャージしてから電子マネーを使わなくなるケースも考えられます。
100円未満であれば諦めもつくでしょうが、500円以上となれば現金に戻したいと思うはずです。
電子マネーは使いきることでしか、清算することはできないのでしょうか。

購入した商品をキャンセルする

コンビニなどの特定の店舗では、電子マネーを使って支払いができます。
そのため間違って商品を購入してしまった、店員が注文とは違う商品を決済した時には、返金という形で現金が返ってきます。

もちろんキャンセルによる返金ですので、電子マネーを使って発生するポイントは無効扱いになります。
差し引かれた単純な購入代金だけが戻ってくるのです。
店員が原因となるレジでのトラブルであれば、その場で現金を渡されます。
自分都合での商品キャンセルは、翌日以降にレシートを持って行き、キャンセル及び返金処理をお願いしましょう。
購入したその場でも問題ありませんが、返金を目的としていることがバレれば、不正を疑われる可能性があるからです。

解約による現金化

鉄道会社やバス会社が提携発行している交通系電子マネーは、解約により現金を払い戻せます。
駅やバスの営業所、関係窓口に行き、手続きを踏むだけです。
200円から300円の手数料が発生する電子マネーもありますので、まずは残高と手数料の有無を確認しておきましょう。
電子マネーのカード発行時にデポジットを支払っているなら、その金額も返還されます。

払戻が難しい電子マネーの現金化

払戻が正規に認められている電子マネーは、交通系電子マネーなど限られています。
コンビニで購入できるコード付き電子マネーについては、悪用を防ぐために金券ショップが買取を制限しています。
そのためオークションサイトで販売されている商品券を購入し、それを金券ショップで現金化する方法が1番手間のかからない現金化となります。
換金率は店舗によって異なりますが、国際ブランド発行の商品券であれば、額面の90%から98%で買い取ってくれます。

オンラインゲーム課金や音楽ダウンロード時の決済に使われる電子マネーなら、ネット上で買取をしている専門店がいくつかあります。
手続きは全てネット上から行いますので、24時間売却が可能です。
端数にも対応している店舗もありますが、買取率は8割ほどと物足りなさを感じるかもしれません。
ただし、いち早く現金に換えたいのなら便利です。
また必ずお店の評判を確認してから、利用してください。

トクする
現金化業者を選ぶ
 現金化業者一覧
詳しく知ろう
ショッピング枠の現金化
ショッピング枠現金化にまつわる裏話

Copyright © 2016 ショッピング枠現金化厳選30社比較 - All Rights Reserved -