ショッピング枠現金化に情報漏洩のリスクはあるのか

カード情報流出事件は大手サービス含めて様々なところで起きています。

カード情報流出事件は大手サービスの被害を含めて現在も頻繁に行っているのでカードを保有するなら、小まめに明細やWebマイページの情報を確認しましょう。現金化の情報漏洩リスクは低いです。

カード情報流出事件

セキュリティが外れた鍵

大手サービスを含めてカード情報流出事件は頻繁に起こっています。
大手ならメディアで大きく報道されたり被害者に連絡の行くこともありますが、小規模の現金化業者だと知らない間にカード情報が流出して被害に遭ってしまうケースもあります。
現金化の利用有無を問わずクレジットカードを持つなら、小まめに明細やWebマイページで最新の利用履歴をチェックしておくようにしましょう。

どこまでカード情報の漏洩があるか?

カード情報流出は漏洩範囲によって悪用リスクは変わります。
次のパターンをご覧ください。

1.基本情報のみ(カード番号、名義人、有効期限など)
2.基本情報+セキュリティコード
3.基本情報+セキュリティコード+暗証番号

1番の基本情報のみであればノーリスクではないですが、悪用リスクは低いです。
セキュリティコードまで流出すると、ネット決済など手元にカードのなくても利用できるサービスを活用できるので一気にリスクは高まります。
暗証番号まで流出すると、ほぼ確実に悪用されます。

ショッピング保険による補償は?

クレジットカードの多くは悪用時の損害を補償するショッピング保険を付帯しています。
しかし、ショッピング保険は早めに被害を申告しないと補償してもらえません。
カード明細も見ていない方は補償を受けられず損害を直接被ってしまう事例も多数あります。
カードを使う場合は小まめに明細を確認して、悪用されていればすぐにカード会社に申告しましょう。

ショッピング枠現金化は危険?

基本的にショッピング枠現金化は業者に対してカード情報は伝えません。(限度額の残りは伝えます)
来店不要業者の場合はネット通販でカード決済をする流れになります。
ネットでカード決済するサービスは自社運営・外部サービスの利用有無を問わず、カード会社より厳しい基準を設けて、セキュリティのしっかりしたサービスになっています。
流出リスクは一切ないと断言できませんが、他の通販サイトと比べて安全面は大差はありません。
カード悪用を目的にした詐欺業者は、申し込み時に利用者から直接カード情報を聞き出そうとしてきます。
つまり、ショッピング枠現金化の仕組みそのものは悪用リスクは少ないです。

カード情報流出事件の多くは、ハッカーによって外部から情報を盗み撮られてしまう被害です。
現金化業者の使う通販サービスは全般的にセキュリティの緩い傾向もありますが、利用者の多くは限度額にゆとりを持っていません。
悪い表現をすると、ハッカーなど情報を盗もうとする人から見ると現金化顧客は質の低いカード情報になります。
そのため富裕者層向けのサービスや、現金化以外の目的でカード情報を管理するサービスに比べて標的にされるリスクは少ないです。

トクする
現金化業者を選ぶ
詳しく知ろう
ショッピング枠の現金化
ショッピング枠現金化にまつわる裏話

カード情報流出事件は大手サービスの被害を含めて現在も頻繁に行っているのでカードを保有するなら、小まめに明細やWebマイページの情報を確認しましょう。現金化の情報漏洩リスクは低いです。

Copyright © 2016 ショッピング枠現金化厳選30社比較 - All Rights Reserved -