クレジットカードを使わないと、損してる?!

複数のクレジットカード

クレジットカードは何かと便利だと言われています。
しかし、申し込み手続きを行わなければいけません。
何時間もかかる作業ではありませんが、それでいて審査落ちまでするのです。
相応のメリットが無ければ、申し込みするだけの価値も無いですよね。
以下、メリットをまとめました。

決済の幅が広がる

ネットショップで買い物をする時には、クレジットカード決済が可能です。
購入から決済まで、全てをネット上から行うわけですが、ネットショップによっては決済手段がクレジットカードのみという店舗もあります。
近頃では電子書籍やミュージックサウンド、情報教材など、物ではないサービスを提供している会社も少なくありません。
代金引換にて支払える物品の購入とは違い、ウェブコンテンツは決済の選択肢が限られています。
つまりクレジットカードを持っていないために、購入できない商品も存在するわけです。

利用明細が家計簿になる

クレジットカードが使えない場所は、限られています。
使用不可と断定できるのは、街中にある小規模な個人商店くらいです。
国際ブランド発行のクレジットカードであれば、コンビニやスーパーでも使えます。
もちろん発行カードによって、使える使えない場所の制限はかかります。
ただし加盟店の多いカードを発行したのなら、日常生活における大半の支払いに対応しています。
支払い履歴はログとして残りますので、ネット上から管理ページに飛べば、いつでも履歴が見れるのです。
現金を使わなくなれば、明細がそのまま家計簿の役割を果たしてくれます。
お金が貯まらないという悩みも解決できるでしょう。

ポイントが受け取れる

クレジットカードはポイントカードと同じように、使った金額に対してポイントを得られるシステムが採用されています。
還元率の平均は1%から3%言われており、キャンペーンを利用すると更に数%のポイントが上乗せされます。

日用品や飲食費、公共料金などは、年間で結構な金額を支払っているはずです。
たかが1%のポイント還元と思われるでしょうが、毎月8万円、年間約100万円の支払いがあると1万円ぶんのポイントが返ってきます。
還元率3%ならば3万円であり、家族世帯ならば年間の支払いも増しますので、随分な額となります。

ポイントは割引チケットや旅行券、商品券などと交換できますので、1年間もクレジットカード払いを続けると旅行に行けてしまいます。
現金払いをしていれば恩恵はゼロのため、クレジットカードを持っているだけでも夢は広がるのです。

トクする
現金化業者を選ぶ
 現金化業者一覧
詳しく知ろう
ショッピング枠の現金化
ショッピング枠現金化にまつわる裏話

Copyright © 2016 ショッピング枠現金化厳選30社比較 - All Rights Reserved -