ショッピング枠現金化がビジネスローンよりメリットが多い理由

ビジネスローンは利用価値は高いですが審査に通らないなどデメリットも多いです。

ビジネスローンは審査や申込の手間にデメリットがあります。事業投資など用途によっては利用価値は高いですが、あえて現金化で資金調達する経営者も多数います。

ビジネスローン

ビジネスマンをお金のクレイアート

ビジネスローンは厳しい審査を設けていて、黒字決算や将来性のあるビジネスに対しての投資しか対応してもらえません。
節税対策で赤字決算や微々たる利益に抑えている会社も多く、審査を通過するには必要書類を揃えたり事業計画書を作成する手間もあります。
事業拡大のためにまとまった資金調達をするならビジネスローンや銀行融資の利用価値は高いですが、ちょっと運転資金の足らない場合や仕入れコストの大きな仕事を受注したときは現金化の方が便利です。

現金化の方がいいケース①審査に通らない

法人カードは運営実績のある会社なら発行の審査もゆるく、節税対策をしていても利用実績を作ると限度額の引き上げにも対応してもらえます。
ほかにも代表名義の個人カードを活用することもできるので、ビジネスローンの審査に通らない場合には重宝します。

現金化の方がいいケース②すぐに資金調達する

突発的に仕入れや人件費・外注費のかかる仕事が入ってくる場合もあります。
収益の上がる仕事ならビジネスローンの審査に通る見込みも高いですが、事業計画書の作成や審査など時間もかかります。
資金調達に不安要素を持ち、仕事を請けるか迷っているうちい流れてしまう事例も多く、現金化はショッピング枠の残りさえ把握していれば、いつでもスピーディーで確実に資金調達できるメリットがあります。
コストは高くても仕事を請けられる領域を広げられれば元を取れます。
最近では限度額の範囲内で何度も借入をできるカードローンタイプのビジネスローンも登場しています。
審査に問題のないことを条件に、何度も資金調達の必要になる場合はカードローンを持っておいた方が便利でコストもかかりません。
ただし、個人(安定した収入のあるサラリーマン)がカードローンを作るよりもビジネス用カードローンの審査は厳しいです。

まとめ

ビジネスローンや銀行融資の活用は経営に必要なツールですが、そこにこだわりすぎると、ビジネスチャンスを逃してしまうケースもあります。
現金化は赤字決算でも利用できる特性もあって、節税対策をすることで総コストを抑えられるケースもあります。
また、ビジネスローン利用のために労力を費やすなら、簡単な方法で資金調達して仕事に費やす時間を優先したいという考えを持つ経営者も多数います。
つまり法人の現金化は活用方法次第で個人の利用よりもメリットは大きくなります。 資金調達の手札のひとつとして検討する価値は高いです。

トクする
現金化業者を選ぶ
詳しく知ろう
ショッピング枠の現金化
ショッピング枠現金化にまつわる裏話

ビジネスローンは審査や申込の手間にデメリットがあります。事業投資など用途によっては利用価値は高いですが、あえて現金化で資金調達する経営者も多数います。

Copyright © 2016 ショッピング枠現金化厳選30社比較 - All Rights Reserved -