未成年者の現金化への違法性|20歳未満も利用がOKな業者は危ない?

ショッピング枠現金化は20歳未満の未成年は利用できないケースも多いです。

ショッピング枠現金化はカード発行可能年齢の都合で18歳から利用できます。ただし20歳未満の未成年者は現金化業者の規約で利用を禁止しているケースもあります。特に買取方式は未成年者への対応は厳しいです。

何歳から現金化はできる?

1から10までの数字

ショッピング枠現金化の年齢制限でポイントになるのは、カード会社の年齢制限と現金化業者の利用規約による年齢制限です。
ショッピング枠のあるクレジットカードを持っていないといけないので、カードを作れない年齢は基本的に現金化もできません。
一部では高校生以下でデビッドカードを持っている人もいます。理屈的にはデビッドカードでも現金化はできますが口座かカードの中にお金が入っていないと決済できないので意味ありません。
基本的にクレジットカードは申込可能年齢の低いもので18歳から利用できます。大学生になるとカードを所有する人が増えていきます。
ただし、クレジットカードを持っていても未成年だと現金化業者のルールで現金化に対応できない場合もあります。
20歳以上であれば、どこの業者でも問題なく現金化できます。

未成年でも利用できる現金化業者

まずは公式ページの情報をチェックしましょう。
未成年を禁止にしているところは公式ページに明記しています。トップページのほか、よくある質問コーナーも参照してください。
また、情報収集する際に本人確認書類の提出も必須になるかチェックしましょう。

未成年者の利用禁止や本人確認書類の提出の明記がなければクレジットカードを持っていることを条件に未成年者でも利用出来る可能性が高いです。
全般的な傾向としては買取方式の所は本人確認書類の提出を義務付けていて未成年の利用を禁止にしているケースが多いです。
未成年で資金調達を急いでいる場合はキャッシュバック方式の業者を中心にリサーチするとよいでしょう。

買取は法律による制約がある

現金化に限らず質屋やリサイクルショップ、Amazonギフト券の買取は未成年者の場合、保護者の同意書がなければ利用できないケースが多いです。
古物営業法や各自治体の対応によって制限されていることが理由です。

現金化の場合は最初から売ることを目的に購入しますが、一般的な買取は中古など使っていたものを売ります。
未成年者は親の私物を勝手に売ったり、お小遣い稼ぎを目的に万引きをする事例も多いので、買取業には法律で制限をつけています。

未成年者の現金化への違法性は?

法律的な問題は買取方式以外を条件に成人と特に違いはありません。
厳密に言えば大人でもショッピング枠現金化はカードの規約違反で法律のグレーゾーンにあたる行為です。実績のある大手を使いましょう。
現金化業者はカードトラブルにならない安全性を重視しています。

たとえば、利用者の所にカード会社から連絡が入って、そこで○○の業者から現金化目的で使ったと証言されると業者も不利になります。
そのため、キャッシュバック方式でも未成年者の利用を禁止にしている事例もあります。
未成年OKの所は、安全管理に問題を抱えている場合もあるので、対応出来る業者の中でも、なるべく実績のある大手を優先して選ぶとよいでしょう。

トクする
現金化業者を選ぶ
詳しく知ろう
ショッピング枠の現金化
ショッピング枠現金化にまつわる裏話

ショッピング枠現金化はカード発行可能年齢の都合で18歳から利用できます。ただし20歳未満の未成年者は現金化業者の規約で利用を禁止しているケースもあります。特に買取方式は未成年者への対応は厳しいです。

Copyright © 2016 ショッピング枠現金化厳選30社比較 - All Rights Reserved -