換金率100%超えを狙えるやり方

え?換金率高すぎ…

クレジットカードのショッピング枠現金化するにあたって、方法は必ずしも専門業者を利用しなければならないとは限りません。
業者を介することなく自分で現金化することも可能です。
しかし、専門業者を利用しないメリットがある一方で、デメリットが生じることは避けられず、お得な方法とは言い切れません。
場合によっては大きなリスクを伴う可能性もあるので、ご自分で行う場合には十分な知識と注意が必要となります。

自分で現金化する方法とは?

業者を利用する場合と自分で行う場合、いずれの現金化であっても、まず一旦は何かしらの物品を購入して、それを手放して現金に変えるという流れは変わりません。
業者が介する場合は指定された商品を購入して現金に変えてもらいますが、自分の場合は自己判断で高く売れるものを購入して転売、現金へと変えます。
例えば、ブランドバッグやプレミアアイテムを大量に購入して、可能な限り高価買取をしてくれる業者に持ち込み、買取ってもらうといった流れです。

自分で商品を選ぶため、選びようによっては可能な限り換金率を最大まで高めることもできますし、場合によっては商品に付加価値が生じて、例えばライブのチケットなど入手不可能なアイテムとなれば相場価格より高く売ることもでき、換金率を気にするどころか逆に増える可能性もあります。
お店に頼らずとも大規模なネットオークションに流して個人売買するのも還元率の高い転売方法です。

自分で現金化するデメリットは?

ときには大いに得をするかもしれない自己現金化ですが、ショッピング枠現金化そもそものメリットである手早さと手間の無さが失われてしまうのがデメリットす。
業者を利用すれば、それなりの換金率が必要とされますが、借入審査のように厳しいことはなく、即日現金化も可能です。
ご自分で現金化となると、物品を購入してしかるべきタイミングで売るという手間と時間が生じてしまい、スムーズに現金を手にすることはできません。
そのうえ、必ずしも還元率を高めて売れるかどうかの保障もなく、大きく損をしてしまう可能性すらあります。
また一番危ないのが、現金化目的で購入していることがクレジットカード会社に知られた結果、利用停止されてしまうことです。

安全性を考えるならば専門業者を利用すること

よほどこの手の行いに知識と馴れがある方でなければ、専門業者を利用して現金化することをお勧めします。
手早く安心して現金化できますし、クレジットカードから利用停止されるリスクも生じません。
業者利用に抵抗を感じる方もいますが、悪質な業者はほんの一部です。
業者選択さえ気をつけることができれば、心配はいりません。

ショッピング枠の現金化は、法律違反?

結論からお伝えすると、法律違反ではありません。捕まることもありません。
働いたり、不労所得などの一般的なお金を得る方法と違い、特殊なお金の流れになっているため、法律に抵触しているかどうかを気にする人が多いため、現金化と法律の関係を次のページでより詳しくご説明いたします。

ショッピング枠現金化と法律について

トクする
現金化業者を選ぶ
 現金化業者一覧
詳しく知ろう
ショッピング枠の現金化
ショッピング枠現金化にまつわる裏話

Copyright © 2016 ショッピング枠現金化厳選30社比較 - All Rights Reserved -