クレジットカードの作り方

ネットショッピングのやり取り

クレジットカードを1枚持っておけば、ネットショップやオークションサイトの決済時に大変便利です。
公共料金や日用品の支払いで使うと、金額に応じてポイントが還元されるカードもありますので、思わぬサービスを受けられるでしょう。
しかし絶対に持っていなければいけないアイテムではありませんので、作るのが面倒だと感じてしまい、先延ばししている人もいらっしゃるはずです。
最近では申し込み者を増やすために、発行会社も手続きを簡略化しています。
まずはクレジットカードの作り方を把握しましょう。

申し込み方法

主にインターネット、郵送、営業窓口を経由して申し込みを行います。
発行会社の公式ホームページにアクセスすれば、申し込みはコチラ、といったバナーが掲載されています。
そのボタンをクリックすると、コースの選択や注意確認事項、個人情報入力のページに移動します。
項目にチェックをしたり、属性を入力すれば、ネットからの申し込みは完了です。
あとは指定の本人確認書類をカード会社に送りましょう。
本人確認書類を送るタイミング、引き落とし口座の銀行印の有無は、カード会社により異なります。

郵送の場合は、公式HPからダウンロード又は窓口で受け取った申込書を記入して送るだけです。
収入証明書などの個人書類を添付すると、審査に通る可能性が高まります。
窓口ならば、スタッフの指示に従いながら申込書を記入するだけです。
必要書類が不足していると何度も通わなければいけませんので、1度、持参する物を尋ねておきましょう。

思っているよりもクレジットカードの申し込みは簡単

3つのパターンをご紹介しましたが、必要書類が揃っているのなら、クレジットカードの申し込みは数十分で終わります。
申し込みが完了したら、発行会社側の審査という作業に移りますので、それを待つだけです。
個人情報を入力する項目につきましても、名前や性別、住所、電話番号、年収、支払いコース、キャッシング希望枠、リボ払い付帯の有無、取引目的、ETCカード発行の有無と数は多くありません。
ETCやリボ払いの適用されないカードであれば、記入項目も減りますので、銀行口座の開設手続きと大差ないと言えるでしょう。

注意点

ドラッグストアや書店のポイントカードとは違い、クレジットカードには審査落ちという残念な結果も待っています。
問い合わせをしても審査落ちした理由は教えてくれませんので、記入不備だけは注意してください。
また審査落ち後に連続して申し込みを行うと、問題ありの人物と判断されるため、落ちる割合が高まります
半年ほど期間をあける、別のクレジットカードに申し込みをするなど、対策を取りましょう。


トクする
現金化業者を選ぶ
 現金化業者一覧
詳しく知ろう
ショッピング枠の現金化
ショッピング枠現金化にまつわる裏話

Copyright © 2016 ショッピング枠現金化厳選30社比較 - All Rights Reserved -